4年生 いのちの授業「いのち大切さ」

4年生は、12月10日(火)かみいち総合病院 助産師 滝口 花好さんを講師に招き、「いのちの授業」を行いました。赤ちゃん人形を優しく抱っこして、赤ちゃんの大きさや重さを感じました。
また、目にも見えないほどの受精卵からお母さんのおなかの中で大きくなり、赤ちゃんである自分と、お母さんが頑張ったから自分が産まれたことを知りました。
自分を大切にし、周りの人も大切にしていこうという気持ちをもちました。