3年生 工場ではたらく人 社会見学 ~新湊かまぼこ、池田模範堂~

10月24日(木)、社会科「工場ではたらく人」の学習で、射水市の新湊かまぼこ「夢テラス海王」と、上市町の「池田模範堂」の工場を見学しました。

まず、新湊かまぼこ「夢テラス海王」では、かまぼこができるまでについての話を聞きました。原料は、スケソウダラとアマダイで、甘くておいしいかまぼこになるよう工夫して作っておられることが分かりました。また、うず巻きかまぼこや細工かまぼこは、富山県のみで作られていることを初めて知った子供たちは、びっくりしていました。最後に、細工かまぼこやかまぼこチップスの試食をさせていただきました。消費税が10パーセントになっても、おいしい味のかまぼこになるような原料を使っておられたり、食べやすいかまぼこチップスの種類を増やしたりしておられる工夫が分かりました。

お昼は、近くの海王丸パークでお弁当を食べました。港の様子をじっくり見たり、アスレチックでみんなで楽しく遊んだりしました。

午後から、上市町の「池田模範堂」へ行きました。かゆみ止め薬「ムヒ」で有名な会社です。なぜ、「ムヒ」という商品名がついたかや、どのように工場で製品を作っておられるかや、全国各地や海外に出荷しておられるのかなどを教えていただきました。その後、全員が白い帽子をかぶり、「ムヒ」を機械で作っている工場内の様子を見学させていただきました。原料を混ぜるところや、容器に薬を入れていくところ、また、機械で箱詰めや段ボールの中に20個ほどまとめて入れる作業など、昔は全部人がしていた仕事を機械が行い、働く人にやさしい工夫がされていることが分かりました。機械だけでなく、最後に、ほこりや異物がないか、真剣な表情で点検をしている方もおられました。このような素晴らしい技術や点検作業で「ムヒ」が作られていることが分かりました。